『安心・安全な良い食品』をテーマに食品の販売をおこなう『さとなか』のブログです。


by yoishokuhin

<   2010年 03月 ( 23 )   > この月の画像一覧

昼は少し暖かくなるのですが、夕方になると寒くなります。
夜の花見はチョット無理かも。
桜もまだ満開とは行きませんねぇ。
大和郡山の桜といえば、「世の常か 名物桜 老いも来る」の状態です。
桜の名所百選に選ばれながら、残念な状況です。007.gif
b0142752_8593916.jpg

[PR]
by yoishokuhin | 2010-03-31 08:59 | 大和郡山市

笛吹けど踊らず!

市民の応援も少なく、県外からのカメラマンが目立ちました。
高取町からわざわざ来られた「奴さん」も最初は槍投げをしておられたが、
後半には、槍投げをせず、あくび顔。
沿道には、旗一本もたたず、物悲しい時代祭りでした。
今の大和郡山市政を象徴するような、出来事でした。
馬上の市長も悲しかったことでしょう。007.gif
b0142752_810414.jpg

[PR]
by yoishokuhin | 2010-03-29 08:11 | 大和郡山市
昨日、50名近くの人々が、
真ちゃん・和ちゃん、衣川亮輔さん、ながたたかしさんから
元気を頂きました。
日常生活のちょっとしたことから夢と希望を引き出し、
それを歌に表す、なんと素晴らしいことでしょう。
わたしも歌詞を作ってみたくなりました。
城跡と城下町を舞台にした、歌詞が出来ればなぁ・・・
もし歌詞が出来れば、誰か作曲して頂けますか・・・006.gif
b0142752_9154564.jpg

[PR]
by yoishokuhin | 2010-03-28 09:15 | 音楽

映画談義は楽しい!

ならまちづくり会議主催の「郡山サロン」が良い食品処さとなかで、
開かれました。今回は、奈良ろう者劇団「大仏も笑う会」出演の《月光》を、
赤松 亮プロデューサーの解説で鑑賞しました。
日本白黒映画無音18分の映画でしたが、映画の技法がたっぷりの映画でした。
赤松さん、お忙しい中有難う御座いました。
映画鑑賞のあとの色々の映画談義は非常に楽しかったです。
なさに、映画を10倍楽しく観る法を伝授して頂きました。003.gif
b0142752_993510.jpg

[PR]
by yoishokuhin | 2010-03-27 09:09 | 大和郡山市

カラオケもまた楽しい。

三の丸カラオケ倶楽部の有志の人々で、
良い食品処さとなかの2階でカラオケがありました。
3時間近く楽しく、和やかに歌っておられました。001.gif
b0142752_11154679.jpg

[PR]
by yoishokuhin | 2010-03-26 11:14 | 音楽
ひまなスターズの春のライブがありました。
皆さん方、昔懐かしい「赤とんぼ」などを歌いながら、
楽しい1日を過ごされたことと思います。
ひまなスターズが念願しているのは、戦争のない平和な社会です。
色々な歌を通じて、訴えておられました。
次回は、7月19日(海の日)だそうです。
b0142752_9395953.jpg

[PR]
by yoishokuhin | 2010-03-23 09:39 | 音楽

尺八の音益々さえる!

楽団ひとりさん有難う御座いました。
ひばりの「お祭りマンボ」まで飛び出し、大変びっくりしました。
尺八でマンボはすごいですねぇ。
次回も楽しみにしています。
お客様のリクエストが多く大変だったと思いますが、
よろしくお願いします。001.gif
b0142752_8361055.jpg

[PR]
by yoishokuhin | 2010-03-22 08:36 | 音楽
私たちは、共同体で生活をしている。
これを実感している人は、少ないように思える。
共同体で生活するには、信頼感が絶対に必要だ。
信頼感は、責任感で裏打ちされる。
社会的決断、特に戦争となれば、大きな責任が付きまとう。
新自由主義の下、利害のためにやった戦争は、あまりにも責任が大きすぎる。
今、世界中で、戦争がない日はないといっても過言ではない。
今の指導者はどれだけの責任感をお持ちなのだろうか。
又、民主国家というならば、その人を選んだ人達は・・・
b0142752_1052513.jpg

[PR]
by yoishokuhin | 2010-03-21 10:05 | 大和郡山市
「ありがとう」の感謝の気持で!
息子と娘、孫の報告をしてきました。
皆を守ってもらえますように・・・
b0142752_9414388.jpg

[PR]
by yoishokuhin | 2010-03-20 09:41 | 大和郡山市
ポーロは小麦粉と卵を入れて、軽く焼いた小さな丸いお菓子。
京都の匠屋さんはそこにそば粉を入れて、「蕎麦ぽうろ」を作りました。
何ら飾ることのない素朴な味です。
堅い焼き菓子ですが、口の中で暫くすると、溶けていく感覚は何とも言えません。001.gif
b0142752_1223583.jpg

[PR]
by yoishokuhin | 2010-03-17 12:02 | 食品